Caché Basic リファレンス
Contents
[Home]  [Next]
InterSystems: The power behind what matters   
Class Reference   
Search:    

Preface : 
 
 
Reference A: 
  Caché Basic で使用される記号 — Caché Basic で演算子などとして使用される文字の表です。
Reference B: 
  Call — 制御を Sub プロシージャ、または Function プロシージャに渡します。
Catch — 例外発生時に実行するコード・ブロックを指定します。
Const — リテラル値の代わりに使用する定数を宣言します。
Continue — FOR コマンド、または DO WHILE 文にジャンプし、条件を再評価してループします。
Copy — 配列要素をソースからターゲットにコピーします。
Debug — プログラムの実行に割り込み、プログラマ・モードに入ります。
Dim — 変数を宣言します。
Do...Loop — 条件が True である間、または True になるまで、文のブロックを繰り返します。
Erase — 名前付きの変数を削除し、動的配列の格納領域の割り当てを取り消します。
EraseArray — 変数の配列要素を削除し、動的配列の格納領域の割り当てを取り消します。
EraseValue — 変数のルート・ノードを削除します。
Exit — Do...LoopFor...NextFunction、もしくは Sub コードのブロックを終了します。
For Each...Next — 配列またはコレクションの各要素ごとに、一連の文を繰り返します。
For...Next — 指定した回数だけ一連の文を繰り返します。
Function — Function プロシージャの本文を形成する、名前や引数、およびコードを宣言します。
Goto — プログラムの実行を指定された場所に移動します。
If...Then...Else — 文のグループを、式の値によって条件付で実行します。
Imports — パッケージ名をインポートします。
Input — 入力を受け付け、それを変数に格納します。
Let — 変数またはプロパティに、オブジェクト参照を割り当てます。
Merge — 配列要素をソースからターゲットにマージします。
New — オブジェクトの新規インスタンスを生成します。
On Error Goto — エラー処理ルーチンを使用可能にし、プロシージャ内でルーチンの位置を指定します。
OpenId — 与えられた識別子に対する、オブジェクトの新規のインスタンスをオープンします。
Option Explicit — スクリプト・レベルで、そのスクリプトにあるすべての変数の明示宣言を強制します。
Print、Println — 現在のデバイスに文字列を記述します。
Randomize — 乱数ジェネレータを初期化します。
Rem — プログラムに解説を追加します。
Return — 現在の関数を終了し、その関数から値を返します。
Select Case — 式の値によって、文のグループの内 1 つを実行します。
Set — 変数またはプロパティに、オブジェクト参照を割り当てます。
Sleep — 指定された秒数だけ、プログラムの実行を延期します。
Sub — Sub プロシージャの本文を形成する名前、引数、およびコードを宣言します。
TCommit — トランザクションの正常終了を表します。
Throw — Try ブロックから Catch 例外ハンドラへ例外をスローします。
TRollback — 現在のトランザクション中に行われた変更をロールバックします (元に戻します)。
Try — 実行中のエラーを監視するコード・ブロックを指定します。
TStart — トランザクションの開始を表します。
While...Wend — 与えられた条件が True であれば、一連の文を実行します。
With — 単独のオブジェクトで一連の文を実行します。
Reference C: 
  Abs — 数字の絶対値を返します。
Asc — 文字列の最初の文字と対応する ANSI 文字コードを返します。
Atn — 数字のアークタンジェントを返します。
Case — case と target を比較し、最初に一致した case に関連する値を返します。
Chr — 指定した ANSI 文字コードに対応する文字を返します。
Cos — 角度のコサインを返します。
Date — 現在のシステム日付を返します。
DateAdd — 指定された時間の間隔を加算した日付を返します。
DateConvert — 内部形式と外部形式の日付を変換します。
DateDiff — 2 つの日付の間隔を表す数を返します。
DatePart — 任意の日付の指定された部分を返します。
DateSerial — 指定された年、月、日の日付を返します。
DateTimeConvert — 内部形式と外部形式の日付/時刻を変換します。
Day — 月内の日を 1 から 31 の整数で返します。
数学関数の算出 — 以下の組み込みでない数学関数は、組み込みの関数から算出することができます。
Exists — 変数および配列内のサブノードの存在の状態を返します。
Exp — (自然対数の底である) e をべき乗した値を返します。
Fix — 数字の整数部分を返します。
Hex — 数値の 16 進数の値を表す文字列を返します。
Hour — 時間を表す 0 から 23 までの整数値を返します。
Increment — 自動的に変数の値をインクリメントし、新規の値を返します。
InStr — ある文字列の中で、特定の文字列を検索し、最初に出現する位置を返します。
InStrRev — 特定の文字列を、別の文字列の最後から検索し、最初に出現する位置を返します。
Int — 数字の整数部分を返します。
IsObject — 式が、有効な自動化オブジェクトを参照しているかどうかを表す値を返します。
Join — いくつかの配列要素を結合して作成した文字列を返します。
LCase — すべての文字を小文字に変換した文字列を返します。
Left — 文字列の左端から、指定した数の文字を返すか、置換します。
Len — 変数の格納に必要な文字列の文字数、あるいはバイト数を返します。
List — リストから要素を返します。
ListBuild — 要素のリストを作成します。
ListExists — リスト内に要素があり、値を持つかどうかを示します。
ListFind — リスト内の要素を検索します。
ListFromString — 文字列からリストを作成します。
ListGet — リストの要素を返します。
ListLength — リストにある要素の数を返します。
ListNext — リストから要素を順番に取得します。
ListSame — 2 つのリストを比較し、ブーリアン値を返します。
ListToString — リストから文字列を作成します。
ListValid — 式がリストかどうかを判別します。
Lock — 変数名で論理ロックを取得します。
Log — 数字の自然対数を返します。
Mid — 文字列から指定された数の文字を返すか、置換します。
Minute — 時刻の分を表す 0 から 59 までの整数値を返します。
Month — 年の月を 1 から 12 の整数で返します。
MonthName — 指定された月を示す文字列を返します。
Now — 使用しているコンピュータに設定されているシステム日付と時刻に対応した、現在の日付と時刻を返します。
Oct — 数値の 8 進数の値を表す文字列を返します。
Piece — 区切り文字を使用して、指定した部分文字列を返します。
Replace — 指定された文字列を指定された回数だけ別の部分文字列で置換した文字列を返します。
Right — 文字列の右端から、指定した数の文字を取り出すか、置換します。
Rnd — 乱数を返します。
Round — 指定された小数点位置で丸められた数を返します。
Second — 分の秒を表す 0 から 59 までの整数値を返します。
Sgn — 数の符号を示す整数を返します。
Sin — 角度のサインを返します。
Space — 指定された数のスペースを含む文字列を返します。
Split — 指定された数の部分文字列を含む、ゼロ・ベースの 1 次元配列を返します。
Sqr — 数の平方根の値を返します。
StrComp — 文字列比較の結果を示す値を返します。
String — 指定された長さの繰り返し文字列を返します。
StrReverse — 指定された文字列の、文字の順序を逆にした文字列を返します。
Tan — 角度のタンジェントを返します。
Time — 現在のシステム時刻を返します。
TimeConvert — 内部形式と外部形式間の時刻を変換します。
Timer — UTC 深夜 0 時からの経過秒数を返します。
TimeSerial — 特定の時、分、および秒を含む時刻を返します。
Traverse — 配列を走査し、次の添え字を返します。
LTrim、RTrim、および Trim — 先頭のスペース (LTrim)、末尾のスペース (RTrim)、または先頭と末尾の両方のスペース (Trim) を削除した文字列のコピーを返します。
UCase — すべての文字を大文字に変換した文字列を返します。
Unlock — 変数名で論理ロックを解除します。
Weekday — 週の曜日を示す整数値を返します。
WeekdayName — 週の指定された曜日を示す文字列を返します。
Year — 年を 4 桁の整数で返します。
Reference D: 
  演算子の要約 — Caché Basic の演算子のタイプ別のリストです。
演算子の優先順位 — 演算子の優先順位
加算演算子 (+) — 2 つの数を合計します。
減算演算子 (–) — 2 つの数値間の差を求めます。また、数値式の負の値を示します。
Mod 演算子 — 2 つの数値の除算を行い、余剰のみを返します。
乗算演算子 (*) — 2 つの数値を乗算します。
除算演算子 (/) — 2 つの数を除算し、浮動小数点の結果を返すのに使用します。
整数除算演算子 (\) — 2 つの数値を除算し、結果を整数で返します。
指数演算子 (^) — 数値のべき乗を求めます。
代入演算子 (=) — 変数またはプロパティに値を割り当てます。
比較演算子 — 式を比較するときに使用します。
連結演算子 (&) — 2 つの式の文字列連結を強制します。
Is 演算子 — 2 つのオブジェクト参照変数を比較します。
And 演算子 — 2 つの式で論理積を実行します。
BitAnd 演算子 — 2 つの数値式のビット単位積を実行します。
Eqv 演算子 — 2 つの式の論理等値を求めます。
BitEqv 演算子 — 2 つの数値式のビット単位等値を求めます。
Imp 演算子 — 2 つの式の論理含意を求めます。
BitImp 演算子 — 2 つの数値式のビット単位含意を求めます。
Not 演算子 — 式の論理否定を求めます。
BitNot 演算子 — 数値式のビット単位否定を求めます。
Or 演算子 — 2 つの式の論理和を求めます。
BitOr 演算子 — 2 つの数値式のビット単位論理和を求めます。
Xor 演算子 — 2 つの式の排他的論理和を求めます。
BitXor 演算子 — 2 つの数値式でビット単位排他演算を実行します。
Reference E: 
  Comparison 定数  — これらの定数は、常に使用できます。
Date Format 定数  — これらの定数は、常に使用できます。
Date/Time 定数  — これらの定数は、常に使用できます。
Node 定数  — これらの定数は、常に使用できます。
String 定数  — これらの定数は、常に使用できます。
Reference F: 
  Err Object — 実行時エラーに関する情報を含みます。
System オブジェクト — System オブジェクトは、Caché コンポーネントのプロパティやメソッドへのアクセスを提供します。
Reference G: 
  多次元データ・モデル — Caché の多次元データ・モデル入門
予約語 — Caché Basic の予約語のリストです。