Caché ObjectScript リファレンス
Contents
 
   
Server:docs2
Instance:LATESTJ
User:UnknownUser
 
-
Go to:
Search:    

 
Contents

Preface : 
 
 
Reference A: 
 
  • Caché ObjectScript で使用する記号 — Caché ObjectScript で演算子などとして使用される文字のテーブルです。
  • Caché ObjectScript で使用する省略形 — Caché ObjectScript で使用可能なコマンド、関数、および特殊変数の省略形の表
  • Reference B: 
     
  • BREAK — ブレークポイントで実行を中断します。ユーザの中断を有効または無効にします。
  • CATCH — 例外発生時に実行するコード・ブロックを指定します。
  • CLOSE — ファイルまたはデバイスを終了します。
  • CONTINUE — FOR コマンド、WHILE コマンド、および DO WHILE コマンドにジャンプし、テストを再実行してループします。
  • DO — ルーチンを呼び出します。
  • DO WHILE — 条件が存在する間に、コードを実行します。
  • ELSE — ブロック型 IF コマンドの文節です。
  • ELSEIF — ブロック型 IF コマンドの文節です。
  • FOR — 各ループの最初でテストしながら、コード・ブロックを繰り返し実行します。
  • GOTO — 制御を移動します。
  • HALT — 現在のプロセスの実行を終了します。
  • HANG — 指定された秒数だけ実行を中断します。
  • IF — 式を評価し、式の真理値を基にして、実行するコード・ブロックを選択します。
  • JOB — プロセスをバックグラウンドで実行します。
  • KILL — 変数を削除します。
  • LOCK — データ・リソースへのアクセスを制御するために、プロセスがロックを適用および解除できるようにします。
  • MERGE — グローバル・ノード、もしくはサブツリーをソースから宛先にマージします。
  • NEW — 空のローカル変数環境を作成します。
  • OPEN — 入出力処理のためにデバイスまたはファイルの所有権を取得します。
  • QUIT — ループ構造またはルーチンの実行を終了します。
  • READ — 入力を受け付け、それを変数に格納します。
  • RETURN — ルーチンの実行を終了します。
  • SET — 値を変数に代入します。
  • TCOMMIT — トランザクションの正常終了を表します。
  • THROW — 次の例外ハンドラへ明示的に例外をスローします。
  • TROLLBACK — 失敗に終わったトランザクションをロールバックします。
  • TRY — 実行中のエラーを監視するコード・ブロックを指定します。
  • TSTART — トランザクションの開始を表します。
  • USE — 現在のデバイスとして、デバイスを構築します。
  • VIEW — データベース・ブロックの読み取りや書き込み、メモリ内のデータの変更を行います。
  • WHILE — 条件が True のときに、コードを実行します。
  • WRITE — 出力を現在のデバイスに表示します。
  • XECUTE — 指定されたコマンドを実行します。
  • ZKILL — ノードの下位を保持しながら、そのノードを削除します。
  • ZNSPACE — 現在のネームスペースを設定します。
  • ZTRAP — エラーを強制し、指定されたエラー・コードを表示します。
  • ZWRITE — 変数名とその値または式の値 (あるいはその両方) を表示します。
  • ZZDUMP — 16 進ダンプ形式で式を表示します。
  • ZZWRITE — 変数または式の値を表示します。
  • Reference C: 
     
  • $ASCII — 文字を数値コードに変換します。
  • $BIT — $BIT は、ビット文字列内の指定された位置のビット値を返すか、または設定します。
  • $BITCOUNT — bitstring のビット数を返します。
  • $BITFIND — ビット文字列内の指定されたビット値の位置を返します。
  • $BITLOGIC — ビット文字列でビット演算を実行します。
  • $CASE — expression を比較し、最初に一致した case に関連する値を返します。
  • $CHAR — 式の整数値を、対応した ASCII または Unicode に変換します。
  • $CLASSMETHOD — 指定されたクラスにある指定クラス・メソッドを実行します。
  • $CLASSNAME — クラス名を返します。
  • $COMPILE — ソース・コードをコンパイルし、実行可能なオブジェクト・コードを生成します。
  • $DATA — variable にデータがあるか否かを調べます。
  • $DECIMAL — Caché の浮動小数点値に変換された数値を返します。
  • $DOUBLE — 64 ビットの浮動小数点値に変換された数値を返します。
  • $EXTRACT — 指定された位置にある部分文字列を文字列から取り出します。または指定された位置にある部分文字列を置換します。
  • $FACTOR — 整数を $BIT ビット文字列に変換します。
  • $FIND — 値により部分文字列を検索し、文字列の最終位置を指定する整数を返します。
  • $FNUMBER — 指定された形式で数値をフォーマットします。オプションで、指定された精度まで丸めるか、またはゼロで埋めます。
  • $GET — 指定した変数のデータ値を返します。
  • $INCREMENT — 変数の数値に、指定されたインクリメントを加えます。
  • $INUMBER — 数値を検証し、内部形式に変換します。
  • $ISOBJECT — expression がオブジェクト参照であるか否かを返します。
  • $ISVALIDDOUBLE — $DOUBLE 数値を検証し、ブーリアン値を返します。オプションで、範囲のチェックも行います。
  • $ISVALIDNUM — 数値を検証し、ブーリアン値を返します。オプションで、範囲のチェックも行います。
  • $JUSTIFY — 指定された幅の範囲内で式を右に寄せる関数です。指定された小数桁数に丸めます。
  • $LENGTH — 文字列内の文字数または区切られた部分文字列の数を返します。
  • $LIST — リストの要素を返すか、置換します。
  • $LISTBUILD — 指定した式から要素のリストを作成します。
  • $LISTDATA — 指定した要素が存在してデータ値を持つかを示します。
  • $LISTFIND — 値を要求して指定した list を検索します。
  • $LISTFROMSTRING — 文字列からリストを作成します。
  • $LISTGET — list の要素、または要求された要素が未定義の場合は指定した既定値を返します。
  • $LISTLENGTH — 指定したリストにある要素の数を返します。
  • $LISTNEXT — リストから要素を順番に取得します。
  • $LISTSAME — 2 つのリストを比較し、ブーリアン値を返します。
  • $LISTTOSTRING — リストから文字列を作成します。
  • $LISTUPDATE — オプションで、指定された 1 つのリスト要素または一連の要素を置き換えることにより、リストを更新します。
  • $LISTVALID — 式がリストかどうかを判別します。
  • $LOCATE — 文字列で、正規表現の最初の一致を検索します。
  • $MATCH — 正規表現と文字列を一致させます。
  • $METHOD — インスタンス・メソッドへの呼び出しをサポートします。
  • $NAME — 変数の名前値、もしくは添え字参照部分を返します。
  • $NCONVERT — 数値を、8 ビット文字の文字列でエンコードされた 2 進数値に変換します。
  • $NEXT — 添え字付き変数内の次の添え字の値を返します。
  • $NORMALIZE — 数値を検証して返し、指定された小数桁数に丸めます。
  • $NOW — 現在のプロセスのローカルの日付と時刻を、秒の小数部を含めて返します。
  • $NUMBER — 数値を検証し、返します。オプションで数の丸めや範囲チェックを行います。
  • $ORDER — 次のローカル変数、またはローカル変数やグローバル変数の添え字を返します。
  • $PARAMETER — 指定されたクラス・パラメータの値を返します。
  • $PIECE — 区切り文字を使用して、部分文字列を返すか、置換します。
  • $PREFETCHOFF — グローバルの事前フェッチを終了します。
  • $PREFETCHON — 指定されたグローバルの事前フェッチを確立します。
  • $PROPERTY — インスタンスの特定プロパティへの参照をサポートします。
  • $QLENGTH — 変数内の添え字レベルの数を返します。
  • $QSUBSCRIPT — 変数名または添え字名を返します。
  • $QUERY — ローカル配列とグローバル配列の物理的スキャンを行います。
  • $RANDOM — 指定した範囲での擬似ランダム整数値を返します。
  • $REPLACE — 文字列の中で文字列と文字列の置換を行います。
  • $REVERSE — 文字列にある文字を逆の順に返します。
  • $SCONVERT — バイナリでエンコードされた値を数値に変換します。
  • $SELECT — 最初の True の式に関連した値を返します。
  • $SEQUENCE — 複数のプロセスで共有されているグローバル変数をインクリメントします。
  • $SORTBEGIN — ソート・モードを開始し、グローバルに対する複数セットのパフォーマンスを向上させます。
  • $SORTEND — $SORTBEGIN で開始されたソート・モードを終了します。
  • $STACK — プロセス・コール・スタックに保存されている、アクティブ・コンテキストの情報を返します。
  • $TEXT — 指定した位置で見つかったソース・コード行を返します。
  • $TRANSLATE — 文字列の中で文字と文字の置換を行います。
  • $VIEW — メモリ位置のコンテンツを返します。
  • $WASCII — サロゲート・ペアを認識して、文字に対応する数値コードを返します。
  • $WCHAR — サロゲート・ペアを認識して、数値コードに対応する文字を返します。
  • $WEXTRACT — 指定された位置にある部分文字列を文字列から取り出すか、または指定された位置にある部分文字列を置換し、サロゲート・ペアを認識します。
  • $WFIND — サロゲート・ペアを認識して、値を基準に部分文字列を検索し、文字列の最終位置を指定する整数を返します。
  • $WISWIDE — 文字列にサロゲート・ペアが含まれているかどうかを示すフラグを返します。
  • $WLENGTH — サロゲート・ペアを認識して、文字列の文字数を返します。
  • $WREVERSE — サロゲート・ペアを認識して、文字列にある文字を逆の順に返します。
  • $XECUTE — 指定されたコマンド行を実行します。
  • Reference D: 
     
  • $ZABS — 絶対値の関数です。
  • $ZARCCOS — 逆 (アーク) コサイン関数です。
  • $ZARCSIN — 逆 (アーク) サイン関数です。
  • $ZARCTAN — 逆 (アーク) タンジェント関数です。
  • $ZCOS — コサイン関数です。
  • $ZCOT — コタンジェント関数です。
  • $ZCSC — コセカント関数です。
  • $ZDATE — 日付を検証し、これを内部形式から指定の表示形式に変換します。
  • $ZDATEH — 日付を検証し、これを表示形式から Caché の内部形式に変換します。
  • $ZDATETIME — 日付と時刻を検証し、これを内部形式から指定の表示形式に変換します。
  • $ZDATETIMEH — 日付と時刻を検証し、これを表示形式から Caché の内部形式に変換します。
  • $ZEXP — 指数関数 (自然対数の逆関数)
  • $ZHEX — 16 進数文字列を 10 進数値に、あるいは 10 進数値を 16 進数値に変換します。
  • $ZLN — 指定された数の自然対数を返します。
  • $ZLOG — 指定された正の数の式の、常用対数の値を返します。
  • $ZPOWER — ある数字に選択した数を累乗して返します。
  • $ZSEC — 指定された角度の三角関数のセカントを返します。
  • $ZSIN — 指定された角度の三角関数のサインを返します。
  • $ZSQR — 指定された数の平方根の値を返します。
  • $ZTAN — 指定された角度の三角関数のタンジェントを返します。
  • $ZTIME — 時刻を検証し、これを内部形式から指定の表示形式に変換します。
  • $ZTIMEH — 時刻を検証し、これを表示形式から Caché の内部形式に変換します。
  • Reference E: 
     
  • PRINT — 現在のデバイスに現在のルーチンからのコード行を表示します。
  • ZBREAK — ブレークポイントまたはウォッチポイントを設定します。
  • ZINSERT — 現在のルーチンにコード行を挿入します。
  • ZLOAD — ルーチンを現在のルーチン・バッファにロードします。
  • ZPRINT — 現在のデバイスに現在のルーチンからのコード行を表示します。
  • ZREMOVE — 現在のルーチンから行または行の範囲を削除します。
  • ZSAVE — 現在のルーチンを保存します。
  • ZZPRINT — ルーチンからの 1 つ以上のソース・コード行を表示します。
  • Reference F: 
     
  • $DEVICE — ユーザ定義のデバイス状況情報を含みます。
  • $ECODE — 現在のエラー・コード文字列を含みます。
  • $ESTACK — ユーザ定義のポイントから、コール・スタック上に保存されている、コンテキスト・フレーム数を含みます。
  • $ETRAP — エラー発生時に実行される、Caché ObjectScript コマンドの文字列を含みます。
  • $HALT — 停止トラップ・ルーチン呼び出しを含みます。
  • $HOROLOG — 現在のプロセスのローカルな日付と時刻を含みます。
  • $IO — 現在の入出力デバイスの ID を含みます。
  • $JOB — 現在のプロセスの ID を含みます。
  • $KEY — 最新の READ からのターミネータ文字を含みます。
  • $NAMESPACE — 現在のスタック・レベルのネームスペースを含みます。
  • $PRINCIPAL — 主入出力デバイスの ID を含みます。
  • $QUIT — 現在のコンテキストを終了するのに必要な QUIT の種類を示すフラグを含みます。
  • $ROLES — 現在のプロセスに割り当てられているロールを含みます。
  • $STACK — コール・スタックに保存されているコンテキスト・フレーム数を含みます。
  • $STORAGE — ローカル変数ストレージに使用できるバイト数を含みます。
  • $SYSTEM — システム・オブジェクトに関するシステム情報を含みます。
  • $TEST — タイムアウト・オプションを使用した最後のコマンドの結果である真理値を含みます。
  • $THIS — 現在のクラス・コンテキストを含みます。
  • $THROWOBJ — 失敗した THROW からの oref が含まれます。
  • $TLEVEL — トランザクション処理に対する、現在の入れ子レベルを含みます。
  • $USERNAME — 現在のプロセスのユーザ名を含みます。
  • $X — カーソルの現在の水平位置を含みます。
  • $Y — カーソルの現在の垂直位置を含みます。
  • $ZA — 現在のデバイス上の最後の READ の状況が含まれます。
  • $ZB — 現在の入出力デバイスに関する状況情報を含みます。
  • $ZCHILD — 最後の子プロセスの ID を含みます。
  • $ZEOF — ファイルの最後に到達したかどうかを示すフラグを含みます。
  • $ZEOS — 圧縮ストリーム読み取り時のストリーム終端ステータスが格納されます。
  • $ZERROR — 最後のエラーの名前と位置を含みます。
  • $ZHOROLOG — Caché の開始以後に経過した秒数を含みます。
  • $ZIO — 現在のターミナル入出力デバイスに関する情報を含みます。
  • $ZJOB — ジョブの状況情報を含みます。
  • $ZMODE — 現在の入出力デバイス OPEN パラメータを含みます。
  • $ZNAME — 現在のルーチン名を含みます。
  • $ZNSPACE — 現在のネームスペース名を含みます。
  • $ZORDER — 次のグローバル・ノードの値を含みます。
  • $ZPARENT — 現在のプロセスの親プロセスの ID を含みます。
  • $ZPI — 円周率の値を含みます。
  • $ZPOS — シーケンシャル・ファイルの読み取り中の、現在のファイル位置を含みます。
  • $ZREFERENCE — 現在のグローバル参照を含みます。
  • $ZSTORAGE — プロセスに使用可能な最大メモリです。
  • $ZTIMESTAMP — UTC (Coordinated Universal Time) 形式で、現在の日付と時刻を含みます。
  • $ZTIMEZONE — グリニッジ子午線からのタイム・ゾーン・オフセットを含みます。
  • $ZTRAP — 現在のエラー・トラップ・ハンドラ名を含みます。
  • $ZVERSION — Caché の現在のバージョンを表す文字列を含みます。
  • Reference G: 
     
  • ^$GLOBAL — グローバルに関する情報を提供します。
  • ^$JOB — Caché プロセスの (ジョブ) 情報を提供します。
  • ^$LOCK — ロック名情報を提供します。
  • ^$ROUTINE — ルーチン情報を提供します。
  • Reference H: 
     
  • $ZBOOLEAN — ビット単位論理演算関数
  • $ZCONVERT — 文字列変換関数
  • $ZCRC — チェックサム関数
  • $ZCYC — データ整合性の冗長巡回検査
  • $ZDASCII — 8 バイト文字列を $DOUBLE 浮動小数点数に変換します。
  • $ZDCHAR — $DOUBLE 浮動小数点数を 8 バイト文字列に変換します。
  • $ZF — 非 Caché ObjectScript プログラム、または Caché ObjectScript ルーチンから関数を呼び出します。
  • $ZF(-1) — 作成された子プロセスとしてオペレーティング・システムのコマンドを実行し、子プロセスの返信を待機します。
  • $ZF(-2) — 作成された子プロセスとしてオペレーティング・システム・コマンドを実行し、すぐに返します。
  • $ZF(-3) — DLL (ダイナミック・リンク・ライブラリ) をロードし、ライブラリ関数を実行します。
  • $ZF(-4) — $ZF(-5) および $ZF(-6) で使用されるユーティリティ関数を提供します。
  • $ZF(-5) — $ZF(-4) を使用してロードされた DLL 関数を実行します。
  • $ZF(-6) — $ZF(-4) を使用してインデックス作成された DLL 関数を実行します。
  • $ZISWIDE — 文字列に 16 ビットの文字が含まれているか否かをチェックします。
  • $ZLASCII — 4 バイト文字列を数値に変換します。
  • $ZLCHAR — 数値を 4 バイト文字列に変換します。
  • $ZNAME — 指定された名前文字列を、正当な識別子として検証します。
  • $ZPOSITION — 式の中で、指定されたフィールド幅に収まる文字数を返します。
  • $ZQASCII — 8 バイト文字列を数値に変換します。
  • $ZQCHAR — 数値を 8 バイト文字列に変換します。
  • $ZSEARCH — 指定したターゲット・ファイルの完全なファイル指定 (パス名とファイル名) を返します。
  • $ZSEEK — 現在のシーケンシャル・ファイルに新しいオフセットを確立します。
  • $ZSTRIP — 指定された文字列から、文字のタイプと文字を削除します。
  • $ZWASCII — 2 バイト文字列を数値に変換します。
  • $ZWCHAR — 数値を 2 バイト文字列に変換します。
  • $ZWIDTH — 式で文字の合計幅を返します。
  • $ZWPACK と $ZWBPACK — 2 つの 8 ビット文字を 1 つの 16 ビット文字にパックします。
  • $ZWUNPACK と $ZWBUNPACK — 1 つの 16 ビット文字を 2 つの 8 ビット文字にアンパックします。
  • $ZZENKAKU — 日本語のカタカナを半角から全角に変換します。
  • Reference I: 
     
  • ObjectScript $ZUTIL 関数の代替機能 — ドキュメントから記載が削除された $ZUTIL ($ZU) 関数の代替機能となるクラス・メソッドおよびプロパティ
  • Reference J: 
     
  • MV — MultiValue シェルを呼び出します。
  • MVCALL — MultiValue サブルーチンを呼び出します。
  • MVCRT — ターミナルへの MultiValue 印刷を実行します。
  • MVDIM — MultiValue が使用する変数の配列をディメンジョン化します。
  • MVPRINT — ターミナルまたはプリンタへの MultiValue 印刷を実行します。
  • $CHANGE — MultiValue 置換文字列を実行します。
  • $MV — MultiValue 動的配列を作成または変更します。
  • $MVAT — MultiValue 画面カーソルの制御または画面表示オプションの設定を行います。
  • $MVFMT — 文字列または数値の MultiValue フォーマットを行います。
  • $MVFMTS — 動的配列の要素の MultiValue フォーマットを行います。
  • $MVICONV — MultiValue 文字列の外部形式から内部形式への変換を行います。
  • $MVICONVS — MultiValue 動的配列の要素の内部形式から外部形式への変換を行います。
  • $MVINMAT — MultiValue 配列要素の数を返します。
  • $MVLOWER — MultiValue 動的配列区切り文字を次のレベルに下げます。
  • $MVOCONV — MultiValue 文字列の内部形式から外部形式への変換を行います。
  • $MVOCONVS — MultiValue 動的配列の要素の内部形式から外部形式への変換を行います。
  • $MVRAISE — MultiValue 動的配列区切り文字を次のレベルに上げます。
  • $MVTRANS — MultiValue ファイルからフィールド・データを読み取ります。
  • 名前による $MVname 特殊変数の対応 — Caché の特殊変数は、MultiValue システム変数に対応します。
  • $MVV(n) 特殊変数 (番号順) — Caché の特殊変数は、MultiValue システム変数に対応します。
  • Reference K: 
     
  • DO (従来のバージョン) — 引数なし : 同じプログラム内の DO コマンドの直後に続くコード・ブロックを実行します。
  • FOR (従来のバージョン) — 各ループの最初でテストしながら、コマンド・ループを繰り返し実行します。
  • IF (従来のバージョン) — 式を評価し、式の真理値を基にして、実行するコード行を選択します。
  • ZQUIT (従来のコマンド) — エラー処理でプログラムを終了します。
  • ZSYNC (従来のコマンド) — 現在のジョブの、すべてのネットワーク・トランザクションの同期を行い、終了を強制します。
  • $ZBITAND (従来の関数) — ビット文字列関数 – AND
  • $ZBITCOUNT (従来の関数) — ビット文字列関数 – COUNT
  • $ZBITFIND (従来の関数) — ビット文字列関数 – FIND
  • $ZBITGET (従来の関数) — ビット文字列関数 – GET
  • $ZBITLEN (従来の関数) — ビット文字列関数 – LENGTH
  • $ZBITNOT (従来の関数) — ビット文字列関数 – NOT
  • $ZBITOR (従来の関数) — ビット文字列関数 – OR
  • $ZBITSET (従来の関数) — ビット文字列関数 – SET
  • $ZBITSTR (従来の関数) — ビット文字列関数 – STRING
  • $ZBITXOR (従来の関数) — ビット文字列関数 – XOR
  • $ZINCREMENT (従来の関数) — グローバル、またはローカル変数の既存の値に、指定されたインクリメントを追加します。
  • $ZNEXT (従来の関数) — 次の配列ノードへ完全参照を返します。
  • $ZORDER (従来の関数) — 次の配列ノード添え字に対する完全参照を返します。
  • $ZPREVIOUS (従来の関数) — 指定した変数の前の配列ノード添え字を返します。
  • $ZSORT (従来の関数) — 配列内の、指定された添え字付き変数の次の添え字を返します。